保健会社に就職するなら|講座を受けて社会保険労務士の資格を取ろう

男性
  1. ホーム
  2. 社労士試験の受験対策

社労士試験の受験対策

男女

自分に合った教材を選ぶ

社会保険労務士は、その名からも分かる通り社会保険と労務管理に関するスペシャリストです。健康保険をはじめ、厚生年金や労働保険、人事・労務に係るさまざまな書類を整備しているのです。また、場合によっては助言や指導を行っています。企業内に勤務しながら業務に従事する人もおり、就職・転職に強い資格として人気があります。働きながら社会保険労務士資格の取得を目指すなら、通信講座を活用するのが便利です。現在では数多くの通信講座が開講されていて、近くにスクールがない地域に住む人でも高いレベルの学習ができるようになっています。社会保険労務士受験用の通信講座には、テキストのみで学習するタイプと、DVDやウェブ動画などで映像による講義が受けられるタイプの2種類があります。前者は電車の中など移動中にも勉強できる手軽さがあり、後者は目や耳から情報が入ってくる分、頭に残りやすいというメリットがあります。自分の学習スタイルに合わせて選ぶと、効率が上がります。さらに、教材の届き方にも2通りあります。受講開始時にすべての教材が届くタイプは、自分なりにカリキュラムを立て、マイペースで学習を進められる人に向いています。一方、月に1回など定期的に届くタイプは、学習意欲を一定に保ち続けるのに役立ちます。また、これまでの実績も講座を選ぶときのポイントとなります。合格率はもちろんですが、ネット上での過去の受講者や社会保険労務士試験合格者の口コミも参考になります。他にも比較すべきポイントはいくつかありますが、多くの講座では無料で資料を送ってくれたり、ホームページからサンプルをダウンロードできたりするサービスを提供しています。できるだけ現物に当たって比較対照してみると、失敗しない講座選びができます。