保健会社に就職するなら|講座を受けて社会保険労務士の資格を取ろう

男性
  1. ホーム
  2. 通信で学ぶメリット

通信で学ぶメリット

説明

効率的な学習が可能に

社会保険労務士の国家試験は超難関といわれています。毎年の受験者数は4〜5万人ですが、合格率は毎年10%を下回っており、平成27年度の国家試験ではわずか2.6%という合格率となっています。そんな超難関である社会保険労務士の資格を通信講座で学習することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。社会保険労務士の国家試験は試験範囲が広く、暗記だけでは解くことの出来ない応用力や理解力が問われる問題が数多く出題されるため、合格率の低い超難関試験となっています。通信講座では、この国家試験に合格することを第一に教材が作成されているため、一般のテキストよりも内容が絞られ、効率的な学習が行えるようになっています。これまでの試験の出題傾向の分析なども綿密に行われており、独学よりも遥かに国家試験に合格しやすい教材といえるでしょう。自分が不安に感じているところや、苦手と感じているところを繰り返し学習することが出来る点も通信講座の大きな魅力の一つです。最近の通信講座ではDVDによる視聴覚教材も多く利用されており、専門講師による講義を繰り返し視聴することが可能となっています。試験範囲が広い社会保険労務士では、違う範囲の学習を行う中ではじめに学習した内容を振り返る必要が出てくるなど、一度の学習では身に付かない内容も多くあります。通学講座では、同じ講座を2度3度と行うことはほとんどありませんので、繰り返し学習できる点は通学学講座にはないメリットといえるでしょう。